家事掃除にもっとも効果的なアルコール濃度

ご覧いただき、ありがとうございます!

laboratory-268551

無水アルコールは家電のコードを拭くときに使うとよいと聞きました。水分が含まれておらず、揮発性が高いのですぐ乾くからなんですね。

でも、無水アルコールは引火する危険が高い。さらにアルコール濃度が高過ぎるせいで揮発してしまって消毒や除菌作用はかえって弱まるそうです。

スポンサーリンク

消毒用アルコールの濃度

一般に使われているアルコールの一種であるエタノールの濃度が76.9~81.4vol%になるように精製水を加えたものを消毒用アルコール(エタノール)と言うようです。これぐらいの濃度がもっとも消毒作用が高いらしい。

ところがエタノールには酒税がかかることからコストが高くなる。

そこで、イソプロピルアルコールを添加した消毒用エタノールIPというものもあるようです。こちらのほうが安い。ただ、イソプロピルアルコールは引火しやすく、人体にもエタノールよりリスクが高いと聞くと使いにくい。

除菌用アルコールは濃度さまざま

除菌アルコールはいろいろあるけれど、濃度不明なのも少なくない。それなのに高濃度だから99.9%除菌できるといった宣伝文句が見られます。アルコールで除菌できる細菌は限られてるのに、何でも除菌できるような言い方はどうかと思います。まったく信用できない。

アルコール濃度は50%ぐらいが安全で使いやすいらしいのですが、そうするとアルコールならではの速乾性メリットがないというのも残念な気がします。

やっぱりパストリーゼにかなうものはないのかと思ったら、ありました!

パストリーゼより高濃度で安いエコクイックα

カテキンは入ってませんが、サトウキビ由来のエタノールにグリセリン、精製水というシンプルな組成が好感持てます。

しかも濃度は78度!

自社工場、メーカー直販だから安いらしい。

送料を入れてもお買い得価格。

高濃度アルコールは安くなるからとはいえ、あまり大量に保管したくないので3リットルぐらいでちょうどいいかも。

こんど試してみようと思います。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク