シラルガン圧力鍋の部品交換

nabe1309 暮らし

シラルガンはドイツ製の高級圧力鍋です。

玄米がおいしく炊けると評判で購入してしまいました。

確かに、品質には満足してますが、圧力鍋には定期的に交換しないといけない部品があるんですよね。

スポンサーリンク

本体は10年保証と言うけれど

2008年の6月に購入したシラルガンのシコマチックTは今では旧型。

部品の取り扱いショップは数えるほど。

アマゾンではどういうわけか10倍以上のおそろしく高い値段で売られていてびっくりしました。

楽天の有機家は良心的で助かってます。

いくら本体が長持ちしても、部品が手に入らなくなったら使えません。

高級ブランドとはいえ、問い合わせ窓口がしょっちゅう変わるので、そのうち窓口が消えてしまうのではないかと心配になります。

公式ホームページのアドレスも以前と変わっていて、ショップ販売も中止されていました……。

圧力鍋は長期間使うので、アフタサービスがしっかりしているブランドを選んだ方がいい。

シラルガンがとくに悪いというわけではないけれど、フォローが充実して安心とは言えません。

圧力釜を使うようになってわかったことなんですが、高機能で高価なものを選ばなくても、じゅうぶん使える圧力鍋はほかにいっぱいあるんですよね。

わたしが2つ目に購入した圧力鍋はパール金属の分銅式。数千円の圧力鍋です。

シンプルな分銅式で超高圧ではありませんが、調理にはまったく問題ない。

1分調理できないと困るって人には向かないかもしれませんが。

分銅式の圧力鍋でも普通の鍋より格段に早く調理できます。しかも交換部品が少なく、洗いやすい。

シラルガン同様、長年使えてます。

輸入品より国産のほうがアフターサービスも安心です。

超高圧機能でスピード調理にこだわるか、シンプル構造で維持管理がラクなほうがいいか、圧力鍋の使い方で選んだほうが後悔しないと思います。

味の良しあしは鍋の差というより、鍋の使いこなし方にかかってる気がします。

部品交換のたびに、無理してシラルガンを買わなくてもよかったなぁ、と思うんですが、こればっかりは、使ってみないとわからなかったことなので、仕方なかったとはいえ、毎回グチグチ嘆いてます。

これから圧力鍋を使ってみようと思われる方は、参考にしていただければ幸いです。

次買うならワンダーシェフ

国産で手ごろ。シンプル構造。

アフタサービスも安心。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家事へにほんブログ村 その他生活ブログ お金(生活)へにほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家事ブログ

コメント