梅酢の手づくりマヨネーズ

mayo160411

朝ジュースを作っているミルサーには、小さい容器がついてます。

ゴマや昆布などを粉末にするのに便利に使ってますが、最近はマヨネーズを作るようになりました。

米酢が苦手な方は梅酢がおすすめ

白崎裕子氏の『秘密のストックレシピ』で紹介されている梅酢がよいです。つんとしません。

マヨネーズは食べるつど作るのはたいへんかもしれませんが、冷蔵庫で2週間ぐらいは保存できるので、少しだけ多めに作るといいですよ。

参考文献

手づくりマヨネーズレシピ

  • 油・・・・・・・・・・50g
  • 豆乳・・・・・・・・25g または卵・・・1個
  • 梅酢・・・・・・・・小さじ1+1/4、または酢小さじ1+1/4と塩小さじ1/4
  • てんさい糖・・・小さじ1
  • マスタード・・・・小さじ1

にんにくを入れてもおいしいです。

市販の植物油はトランス脂肪酸が含まれているので、低温圧搾(コールド製法)の菜種油やオリーブオイルがおすすめです。

梅酢マヨネーズは、市販のものよりかなりマイルドな甘口なので、切れ味のよい酸味がお好みの方にはもの足りないかも。そういう方は、酢と塩で調整してください。

豆乳で作れば豆乳マヨネーズ、卵で作ればふつうのマヨネーズになります。

材料を入れてミルサーにかけるだけ。もちろんブレンダーでもできます。

ミルサーの容器にはふたがついているので、そのまま保管できて便利。

調味料、しかたなく手づくり

何でもかんでも手づくりするのは無理ですが、気が向いたときだけでもシンプルな材料で調味料を手づくりすると、その分加工品の添加物を減らすことができるでしょ。正直市販の調味料のほうがおいしいなぁ、とがっかりすることもあるんですが、それってアミノ酸等の味つけに慣れ過ぎてしまったのかもって思ったりもするんです。

気になりだしたら自分で作るしかないんですよね。

自分で作ってみたら市販の調味料の安さが不気味になってきます。いくら大量生産しているとはいえ、まともな原料を使ってたら、そんなに安くできるはずないですから。

何使ってるの? ってつい考えちゃうんですよ。

そうした不安を紛らわすかのように、ときどきむしょうに作りたくなるんです。

マヨネーズは混ぜるだけでかんたん。応用範囲も広い。試行錯誤しがいのある調味料です。

2 COMMENTS

s・sakurai

手造りマヨレシピを探していてこちらへたどりつきました
美味しかったです!  ありがとうございました
お体が万全でないご様子・・・私も20年来のリュウマチで日常生活がままなりませんが、同じ時期に発症したリュウマチ仲間7人の中で唯一の生き残りとして内臓的には元気に過ごしていますので、身体に入れるものにこだわることは大切だと実感しておりますのでお互いに拘りましょうね。

返信する
おかし

s・sakuraiさん、こんにちは。
マヨネーズ、お作りいただいたんですね。
お口に合ってよかったです。うれしい!
今さらなんですが、食べるものの大切さを思い知る日々です。
s・sakuraiさんも、おからだご自愛くださいませ。
コメントありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください