買わされて、働かされて

kawasarete

市場社会は人間の欲望を永遠に生み出し続ける。

その最たる例がショッピングモールだ。

その構造、内装、音楽など、すべてが人の心を麻痺させて、最適なスピードで店を回らせ、自発性と創造性を腐らせ、われわれの中に欲望を芽生えさせ、必要のないものや買うつもりのなかったものを買わせてしまう。

『父が娘に語る経済の話』ヤニス・バルファキス著より

世の中の仕組みに取り込まれない

市場社会は買わそうとかかってくる。

買わされるのは労働者だ。

買い物しないと生活できないと洗脳されて、「働かざる者食うべからず」と刷り込まれ、働かないなんて人間じゃないと罵られるのを恐れ、働かなければ生きていけないと脅される。

過労死寸前になっても、ただ働くしかないと思ってないか?

人間社会は市場社会だけじゃない。

お金が少なければ、買わない選択肢があって当然で、

働けなくなってお金がなくなっても、自己責任で死ぬしかない、なんてこともない。

働けなくなる可能性は誰にでもある。

皆同じようにギリギリまで拘束されて、働かなければ駄目って、これもまた、思い込まされてるだけではなかろうか。

ほどほどに働いて、ほどほどに買う道もあっていいわけで。

「こうでないといけない」と思い込んでる暮らしに行き詰まったら、その暮らしをやめればいい。

時代はどんどん変わっている。

駄目なことの一切を

時代のせいにするな

わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

(茨木のり子「自分の感受性くらい」より抜粋)

今いる社会がすべてじゃない。

そういう一歩引いた目が持てたら、苦難のとき、追い詰められずにきっと新しい道が見い出せる。

created by Rinker
¥756 (2019/07/23 10:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください