SakubunBlogはこちら。

手書きで青色申告する理由

tax-return-1368168

オットの扶養家族で、たいした収入もないのですが、いちおう事業主なので青色申告します。

いまどき手書きの申告書

申告書の控えが欲しいので、今年から手書きにしました。

去年はe-Taxで作成したんですが、コンビニでプリントアウトするのがめんどう。

申告書自体、記入することも少なく、手書きでもたいしたことないんです。

青色申告の場合、決算書というのも必要で、月別の売上なんかも記入するんですが、それでもわたしレベルの個人事業主だと、手書きでじゅうぶん間に合います。

帳簿はMFクラウドのフリーソフトで記帳

青色申告者は帳簿をつけないといけません。

さすがに帳簿は手書きしません。MFクラウドのフリー版を利用してます。無料だと、1か月に仕分けできる数が限定されてるんですが、これでじゅうぶん。

仕訳帳と総勘定元帳があればだいじょうぶです。

帳簿をチェックされることなんてまずないんですが、申告書を作成するのにどっちみち必要なので、帳簿はパソコンで管理。

年に一回確定申告の直前に入力する程度の分量。

申告書の控えがほしい理由

税務署のハンコを押してもらった申告書の控えは、何かと必要になることがあるんです。

簡易の所得証明として利用できるんですね。

わたしの場合、オットの扶養家族になってますので、いつ所得証明を求められるかわからない、ということで、念のため用意しておくことにしました。

最近、健康保険組合のチェックが厳しくなってると聞きましたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください