NHKあさイチスーパー主婦に学ぶ、最新掃除アイテム

ご覧いただき、ありがとうございます!

spray1218
スポンサーリンク

重曹よりスグレモノ「セスキ炭酸ソーダ」

はじめて聞いた「セスキ炭酸ソーダ」ですが、なんか油汚れがカンタンに落ちるみたい。

重曹と炭酸塩からできてるもので、環境にはやさしい成分みたいですが、強いアルカリ性なので、肌荒れには注意したほうがいいそうです。

布ナプキンの洗濯に使う人もいるぐらい、血液を落とすのにもすぐれているそう。

知らなかった! こんないいものがあったとは。

セスキ炭酸ソーダの使い方

普段使いはスプレー容器で

重曹と同じように、セスキ炭酸ソーダの水溶液をスプレー容器に入れ、汚れに吹き付けて使うといいです。

セスキ水は、500ミリリットルの水にセスキ炭酸ソーダ小さじ1を溶かして作ります。

頑固な汚れには、セスキ水でつけおき洗い

これも重曹と同じです。セスキ水で煮立ててからしばらく置いておくと、油汚れやたんぱく汚れが浮き上がってきます。

セスキ炭酸ソーダのアルカリパワーは、重曹の約10倍なので、これまであきらめていた汚れにも期待できそうです。

こげつきにはやっぱり重曹を

セスキ炭酸ソーダは、

  • 油汚れ
  • 皮脂や手垢
  • 血液などのたんぱく汚れ

に重曹よりも威力を発揮します。

でも、鍋底のこげつきなど、磨き落とさなければいけないような汚れには、発砲作用と研磨効果のある重曹のほうがいいみたいです。

また、こまめな掃除を心がけている人は、重曹だけでもじゅうぶんなんだそうですよ。うまく使い分けるといいですね。

専用洗剤がいろいろあり過ぎ

このごろは、合成洗剤も生分解性が高く、環境にいいものが出てきているそうですが、そういうのほどびっくりするぐらい高価だったりするんですよね。

それに、重曹やクエン酸や今回のセスキ炭酸ソーダと石鹸があるのに、わざわざ高いし、安全性もはっきりしない合成洗剤を作る意味がわかりません。

実際わたしは、お風呂洗い用の洗剤で落とせなかった水アカや湯アカが重曹と石鹸で、あっさりきれいになった体験をして以来、お風呂洗い専用の洗剤を買わなくなりました。

食器洗いや洗濯洗剤もいろいろあるけど、どうなんだろうって思っているところです。

いろいろな種類の専用洗剤を作ることに力入れるのって、そろそろやめてくれないかな。

EcoFriend_thumb.jpg

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク