家庭菜園のすすめ ミニトマト育ててみませんか

ご覧いただき、ありがとうございます!

tomatoes-1280859

5月は夏野菜の苗を植えつけるのにいい時期なんですね。

家庭菜園を始めるなら、夏野菜がいちばん育てやすく楽しいのでおすすめ。

せっかくですから無農薬・無肥料でプチトマトなど育ててみませんか?

スポンサーリンク

一つ選ぶならミニトマト

わたしの地域では、小学生がミニトマトを育てていて夏休みに持ち帰ってます。それぐらいプチトマトはじょうぶで育てやすいおすすめの夏野菜なんです。

ミニトマトの品種の選び方

来年のために種をとりたい、という人は、固定種や在来種のものを選びます。古くからある品種のことですね。シュガーランプやマッツワイルドチェリーが有名です。

有名メーカーのブランド品種などは、オリジナルに交配させて作り出したものなので、種をとっても来年は同じように育ちません。こういうのは種をとるには向きませんが、病気に強くて育てやすかったり、味がよいといったメリットもあります。最近はこうした一代限りの品種がほとんどになってきているようです。ほかに、根っこだけ違うものに接ぎ木されているものもあります。

ホームセンターなどでは、こうした詳しい品種の情報がわからないものが少なくないので困ります。自家採取をする場合は品種が確認できるところで購入したほうがよさそうです。

一代交配種が幅を利かせている一方で、自然菜園で固定種や在来種を栽培したいという人も増えてきてます。自家採取すると、年々その地で育てやすく、おいしいものになっていくからです。わたしも自家採取したいと思ってます。

ミニトマトの苗の選び方

地植えする場合は、双葉がついた本場5枚ぐらいの若苗がおすすめなんですが、市販の苗は老化苗がほとんどなんですよね。接ぎ木でなければ、大きい苗は、上部の葉3枚だけ残して下の葉をとり、寝かせて植えるといいみたい。そうすると、埋めた茎から根が出てじょうぶに育ちます。

HAWSのプラクティカンジョウロがほしい!

1886年以来、世界中のガーデナーに愛されているロングセラーのじょうろです。

大容量なのに絶妙なバランスで持ち運びしやすく、ふわっとした霧雨のような水遣りができると評判の一品。

ミニトマトと一緒に植えたいもの

ミニトマトと一緒に植えるといいのがバジルです。お互いに味がよくなるそうですよ。

それからミニトマトの根とからませるように接近させて植えるといいのがニラやネギです。

混植すると、病害虫や連作障害が防げます。

ミニトマトは、案外大きくなりますので、植え付け前に支柱を立てておきます。プランターで、わき芽を摘んで1本仕立てにするなら、あんどん型の支柱が手軽です。

伸びた枝を支柱に誘引し、しっかり管理すれば、長くたくさん収穫できます。

畑のミニトマトは、わき芽を1本伸ばし、二本仕立てで育てます。支柱はピラミッド型に組みます。

うちは近所の川原で取ってきた竹を支柱にしています。町内会で草刈をする川原で、取ってきても問題ないところなんです。田舎には竹林があちこちあるので、お願いすれば譲ってもらえるところもありそうです。

バジルやニラ・ネギなんかは、種からでもかんたんに育てられます。ただし、ニラは大株になるのに2年ぐらいかかるので、苗を買ったほうがいいかもしれません。

うちも先日、種から育てたミニトマトの苗を畑とプランターに植え付けました。5枚目の葉っぱの向きと同じ向きに実がなるそうなので、5枚目の葉っぱが通路側になるように植えるといいみたいですよ。つぼみがついていれば、つぼみの向きでわかります。

さて、うまく育ってくれるでしょうか……。

10㎡からはじめる自然菜園

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク