ベラスコート換気扇カバー、これはいい!

ご覧いただき、ありがとうございます!

kankisen3

水洗いだけで油汚れがサッと落とせるというベラスコートの換気扇カバーを取り付けました。

換気扇の調子がよくなかったのは、本体と合わない換気扇カバーを使っていたために、換気扇とカバーが接触していただけだったようです。そのせいで、換気扇の羽根が数箇所わずかに欠けてしまいました。

ベラスコートは、既存の換気扇の枠にかぶせるように取り付け、3センチほど高さがあるので、換気扇と接触する心配はありません。

何ごともなかったように、換気扇がスムーズに回るようになりました。当分この換気扇にがんばってもらえそうです。

 

スポンサーリンク

ベラスコート換気扇カバーの仕組み。

ベラスコートが水だけで油汚れを落とす仕組みは、ベラスコートのとくちょうにあります。ベラスコートは、非常に親水性の高い塗料で、水と結びつきやすいんです。

だから、水洗いすると、ベラスコートと油汚れの間に水が入り込み、油汚れを浮かせて落とすんです。

もちろん、まめに水洗いすれば、簡単にきれいを保てるのは、メッシュの部分だけです。

換気扇カバーの枠や換気扇本体の枠、さらに換気扇の羽根は、やっぱり徐々に油で汚れていくんですよね。一年に一回ぐらいきれいにしないといけないのは、これまでと変わりません。

でも、換気扇内部の汚れ方は、換気扇カバーのありなしでずいぶん違います。換気扇カバーをまめにきれいにできれば、さらに内部の汚れを軽減できるんですね。だから、換気扇カバーだけでも、気軽に洗えるメリットは大きいのです。

換気扇カバーを捨てるストレスから解放!

使い捨ての換気扇カバーは、本体のメーカーによってかたちがさまざまです。合わないものを使用すると、換気扇がうまく回らなくなったりして危険なので、ちゃんと純正のものを使ったほうがいいみたい。

でも、換気扇カバーって、2つか3つセットで数千円もするんですよね。つい、もったいなくって、なるだけ取り換えないようになってしまうんです。

それで、辛抱の限界あたりになって、やっと取り換えるときには、油汚れでギトギトのカバーを捨てることになるんですね。わたしが使っていたカバーには、プラスチックの枠がついていて、小さく折りたたむこともできませんでした。けっこう大きなゴミです。捨てるたびにストレスでした。

ベラスコート換気扇カバーは、捨てなくていい、というだけでもありがたい。

レンジフードタイプのベラスコートもあります。

最近は、レンジフードタイプの換気扇をお使いの方も多いですよね。ベラスコートには、レンジフードにはめるフィルタータイプのものもあります。

使い捨てフィルターにうんざりしている方は、ベラスコートをお試しください。いいことたくさんありますよ。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク