片づけ

片づけ

「片づけ」を大げさに考えない

実物の片づけと頭の中の片づけは通じているようです。 片づけがどうも進まないってときは、頭の中もすっきりしてなくて、調子が悪かったりするんですよね。 「早く」「全部」にこだわらない 50代になったら、残り時間を意識するようになって、...
片づけ

片づけは毎日終わらない

本やテレビで見たミニマリストのように、すっきり何もない整然としたおうちにあこがれて、せっせと片づけを始めたのだけれど、片づけはいっこうに終わらない。 そう、片づけは終わるものじゃなかったんです。 生きてる限り片づけは終わらない 本...
片づけ

『あした死んでもいい片づけ』ぼちぼちやってます。

片づけ人気ブロガーのごんおばちゃまの本です。 わたしはごんおばちゃまのお掃除術が好きで、たいへん影響を受けました。 片づけはまだまだ未完なんですが、わたしも死ぬときは、持ちモノがほとんどない状態にしておくのが理想。 「捨てる」...
片づけ

ヤケクソで断捨離したら案外うまくいった話

仕事や家事、何をするにも優先順位を考えるように言われますよね。 わたしはそれがつい最近までできなくて困ってたんです。 多過ぎると選べない。 今になってやっとわかります。 多過ぎたんですね。 ジャムの種類が多過ぎると、客...
片づけ

一番減らしやすいのは本です!

片づけで一番減らしやすいのは本ではないでしょうか? 収納できない本は処分する。 持つ本の量は場所で決まってきます。 収納場所に収まり切れない本は持てないってことです。 本を集めるのが趣味でない限り、読書家だからと言って、今は...
片づけ

春は貯めるために捨てるのにいい季節です。

お金を貯める人は、ミニマリスト的な暮らしをしている人が多いそう。 なるほど余計なモノがないほうが支出は減らせます。 春は片づけてモノを減らすのに何かといい季節です。 とくに引っ越しとか目新しいできごとがなくても、あったかく...
片づけ

カラーボックスをなくせば片づけが嫌でも進んだ話

うちには、やたらとカラーボックスがある。 こうした収納アイテムがいくらあっても足りないと思うほどモノが多かったんです。 収納場所はあればあるほどモノが増える。 ゆとりある収納を目指して収納場所を作ってきたんですが、収納場所は作れば...
片づけ

50代ミニマリストへの道は、必要に迫られてする老い支度みたいなもの

古いおうちでごちゃごちゃモノを持つ生活をしていると、何もない部屋ですっきり暮らしているミニマリストたちが心底うらやましいし、憧れます。 はじめはモデルルームのようなきれいな部屋での暮らしが単純におしゃれで素敵に思えました。 豪邸...
片づけ

洗面台下収納は、ちょうどいい隠れみのになっていて、洗面所のモノを増やしてた!

洗面台の下は、何回片付けても片付かない場所のひとつ。というのも、ちょっと隠したいものを入れておくのにちょうどいい数少ない収納場所だからです。 片付けては入れるの繰り返し 洗面台下の収納は、片付けると、また入れやすくなってつい入れてしまう...
片づけ

片付けをして、捨てたがらないオットともめないどころか喜ばれる場所があった。

片付けというと、たいてい一人だけ熱くなって、非協力的な家族に対して不機嫌になりながら半ば強引に行ってしまいがち。 唐突に片付けられる家族にとってはいい迷惑です。 こんな片付けをすると、信頼を損ない、今後片付けに協力してもらえない...
片づけ

カーテンはいらない。窓の目隠しをどうするか。

うちの窓にはカーテンがありません。 古くぼろぼろになったカーテンを処分して以来つけてないんです。カーテンはすぐ汚れてメンテナンスがめんどう。掃除や洗濯がたいへんなことないですか? なくてすむならないほうがいいと思ったんです。 ...
片づけ

『1週間で8割捨てる』筆子さんの本で片づけ意欲復活!

ブログ「筆子ジャーナル」でおなじみの筆子さんの本『1週間で8割捨てる技術』を読みました。 捨てる技術に特化したありそうでなかった内容です。 片づけがひと段落ついてしまい、なかなかステップアップできないでいたわたしでしたが、また片...