主婦が在宅ワークするときにやっておきたいこと

ご覧いただき、ありがとうございます!

macbook-336704

ネットのおかげで在宅ワークが手軽にできるようになってきてます。

でも、たとえ在宅で気軽に始められる仕事でも、それなりの覚悟で取り組みたい。

スポンサーリンク

仕事モードに切り替えるスタイルを持つ

在宅ワークは、どんな格好で仕事しても問題ありません。

だけどパジャマで仕事がてきぱきこなせる人って珍しいと思う。

しんどいからって一日パジャマでいたら、病人になったような気分になることないですか?

きちんとした格好しないといけないってことでもないし、服装に限ったことでもないんです。

ただ、仕事モードに切り替える何かしらのスタイルというか、ルーチンみたいなのを持つようにしたほうがいいように思います。

在宅ワークは、だらだらしだすときりがないんです。

集中できる場所を確保する

在宅ワークは、パソコンさえあれば、とくに場所を選びません。

だけどテレビがつけっぱなしのリビングや、散らかったテーブルで仕事する気になる人はいませんよね。

仕事部屋がなくても、集中できる場所を確保して、仕事するときにはきちんと片づいてる状態にしたい。

わたしは床の間が自分のデスクスペースです。

集中する時間を決める

仕事をする場所で集中するには、集中しやすい時間が決まっていたほうがいい。

家事や家族に煩わされにくい時間帯を決めて、家族にも協力してもらえるよう話せるとなおいい。

実際には中断しないといけないことがあってもかまわない。だいたいでいいんです。

そうすると、家事をこなす時間も決まってきて、生活リズムが安定します。

在宅ワークのメリットはデメリットにもなる

在宅ワークの何が難しいかというと、仕事とプライベートのけじめなんですね。

主婦の在宅ワークは、家族や社会になかなか評価してもらえない現実があるのだけれど、それは主婦の在宅ワークの取り組み方にも多少原因があるように思う。

どうせ大した仕事じゃないからといって、無責任な仕事をすれば、いつまでたってもどうでもいいような仕事しかまわってこないし、信用も評価も上がらない。

単価が安いという原因もあいまって、悪循環になってる感じです。

やっぱり主婦の在宅ワークは稼げないってことで終わり。

せっかくおうちで働く環境があるというのに、このままずっと生かせないのは残念だと思いませんか?

せめて在宅ワークは家事の合間にするといった意識を変えたい。

実際には家事の合間の時間を使うのだけれど、家事時間と仕事時間、自分なりにけじめをつけて、きちんと働くという覚悟をするんです。

それが結局、続けがいのある在宅ワークの将来につながって、自分をラクにしてくれるのではないかと思います。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク