いいタオルの条件

ご覧いただき、ありがとうございます!

linen1218

ニセモノの「今治タオル」が出回っているらしい。

数秒で吸水するといった独自の基準を満たしていなかったとか。

うちにも「今治タオル」のロゴタグのついたタオルが2枚だけある。

スポンサーリンク

いいタオルも汚れる

今治タオルは洗濯を繰り返してもやわらかい。「さすが」と感心しているのだけれど、残念ながらほかのタオルと同じように汚れてくる。毛足が長く、冬は乾きにくいのが欠点です。乾きが悪いタオルは、そのうちにおってくる。

吸水がよく、肌触りふかふかのいいタオルも、あたりまえだけれど、使っていれば同じように古くなる。これだけはどうしようもありません。

いつまでもふかふかでやわらかいということは、長持ちするということだと思っていたのだけれど、そういうわけでもない。

多少は持ちがいいかもしれないけれど、ふかふかでやわらかいからといって、汚れないわけではない。どちらかと言えば汚れ落ちが悪い。おまけに乾きが遅いとなると、雑菌が繁殖してカビたりにおったりするんです。

こうなると、さすがの今治タオルだって雑巾にするしかありません。

ミニバスタオルが便利

うちはミニバスタオルを愛用してます。

タオルは消耗品

タオルはいつも清潔なものを使いたい。もちろんふかふかの肌触りも大事かもしれないけれど、それだけのために高いお金をかけるのは、うちにはちょっと贅沢過ぎる。

いずれは雑巾として気持ちよく使い捨てられる程度に、そこそこじょうぶなタオルがいい。

手ぬぐい

オットは薄い温泉タオルをハンカチ代わりに持つのが好きなんです……。雑巾としても最適!

雑巾は使い捨てがラク

ついでに言うと、雑巾は何回も洗って干して使いまわすことはしないことにした。

その手間と水道代と場所代が割りに合わないと気づいたからです。

そんなことをしなくても、あとから次々古タオルが沸いてきて、雑巾になるのを待っている。

ある日、古タオルが大きな衣装ケースにいっぱい詰め込まれ、これ以上入りきらなくなったのを見てばからしくなったんです。いつか床に何かがこぼれたときにでも使うつもりで保管されていたものがいっぱいになっているんですね。

なんでこんなものをわざわざ大事に保管していたのかとつくづく思いました。

せっせと使って処分していかないことには使い切れない。そのことにようやく気がついたんです。

雑巾は使い捨てるとラクなだけでなく、保管場所、干す場所、水道代や時間が節約でき、さらには掃除がまめになってきれいになるんですよ!

これは長持ち

リネンタオルは高価ですがコットンより長持ちします。清潔好きな人におすすめ。

タオルは雑巾になるところまで考えて選ぶ

タオルを選ぶとき、汚れて雑巾になるところまで考えて選ぶと、肌触りや値段、乾きやすさといった条件の程度がおのずとバランスよく決まってくるように思います。

最後まで気持ちよく使い切れる! それがうちのいいタオルの条件です。