買い換えたいけど処分できないモノ

ご覧いただき、ありがとうございます!

mamezara1315

いらないものは処分して、すっきり小さく暮らしたい。使っていないものは持たないようにしたい。

そう思っていても、どうにも片づけられないものがある。

それは食器。

スポンサーリンク

使用済みの食器は捨てるしかない?!

未使用の食器なら誰かに譲ることができるかもしれないけれど、使用済みの中古の食器はどうにもならない。よほどのブランドもので、ほしいと言ってくれる親しい人でもいない限り、捨てるしか道がないような気がします。

手数料を負担すれば、寄付する方法はないでもありませんが、けっこうなお金がかかります。

でも、いずれは誰かがお金を出して処分することになるのだから、今からでもぼちぼちいらないものは片づけないと、と思っているところです。

食器も洋服と同じ

この年になってはじめて気づいたことですが、いくらいい食器でもほとんどは一生モノにはならないんですよね。

食器といえども、流行があって、時とともに趣味や生活も変わっていきます。そんな中、変わらず気に入って使い続ける食器はわたしの場合マレなんです。

そう思うと、今気に入っているものに今さら買い換えるという意欲もわいてこなくなりました。

小皿がブーム

今、小皿が大人気なんだそう。じつはわたしも一番よく使っているのが直径10cmぐらいの小皿なんですよね。いろいろあったら楽しそう。洗うのもラクだし管理もラク。ちょこちょこ乗せるだけで見栄えもいい。おススメです。

毎日使う食器は使いやすい一部のものに集中するんですよね。そんなにたくさんいらない。お客さん用も必要ない。

かつては使わないかもしれないものも、道具として持つのがあたりまえの時代もあったんですね。

今は使わないものは持たないことが見直されていますが、こうした価値観も移り変わっていくんだと思います。

年とともに自分の方法を見つけないと

ミニマリストや断捨離がすたれて、またモノを持ちたくなる時代が来るかもしれません。きっと来ます。

だけどそうした時代の変化にいちいち反応できなくなってくるんですよね。

もうそろそろ自分はどうするか、自分で決めて過ごしていかないとって思うんです。できることも時間もどんどん減っていくわけですから、世間に合わせることに労力を使うのはもったいないししんどい。

となると、できる限り自立した生活が長く送れるように、極力管理するモノは少なくしておくことに尽きるんです。

だからやっぱり、持ってるだけの食器は少しずつでも減らしていこうと思います。