「買う」と「借りる」どっちが得?

ご覧いただき、ありがとうございます!

signpost-20032

損得勘定って案外むずかしい。単純にお金の額だけでは判断できないことが多いからです。

このごろ「買う」のと「借りる」のとではどっちが得なんだろう? って考えることが多いんです。

たとえば、住むところとか家財道具。今までは疑うことなく借りるほうが高くついて損だと思ってきました。だけど最近マイブームの持たないミニマリズム生活では、持つほうが管理と手間がかかって損みたいな感じなんですよね。

ライフスタイルも時代とともに変わるんですね。で、結局どっちがいいの? って日々悩んでます。

スポンサーリンク

住まいを長期ローンで購入した場合。

たとえば住むところ、バブル時代なんかはローン組んででも買わないと損!みたいな勢いがありました。35年の長期ローンも終身雇用があたりまえだったので何とかなってたんですね。

ですが35年後、やっと支払いがすんだ住まいの資産価値はほとんどないに等しくなってます。次の住まいに充てられる価格で売却できたら超ラッキーです。不動産価格が値上がりしてたバブル時代だったら損しなかったでしょう。

でも35年後、そんな時代にちょうど当るかどうかなんてわかりませんよね。売却がかなわなくても、まだそのまま住めればよしとしないといけません。たいてい古くなって修理、なかには建て直しをしないといけなくなったりします。そうなるとローンが終わっても結局支払いは続くことになります。

それでなくても長期ローンで支払った額は、住宅価格の2倍近い金額だったりするわけです。

若いときから長期ローンで購入した住まいは、老後の住まいの安全確保にはならないということです。

そんなことわかってました? わたしは全然わかってませんでした。早くから長期ローンで住まいを購入する最大のメリットは、新生活を小ぎれいな住まいでスタートできることだったんですね。つまり、将来の備えというよりは、むしろ楽しみの先取りだったんです。

客布団はレンタルが便利。

賃貸住宅で暮らした場合。

他方、賃貸住宅で過ごした場合はどうか? 高い家賃のせいで満足な貯金ができないかもしれませんよね。

でも、そのときの経済状況に見合った住まいを選べる可能性がないわけではありません。

ただし、住環境など満足のいく条件に合った適当な物件を見つけるのは至難のワザと思われます。やはり、ある程度妥協せざるを得ないのが現実ではないでしょうか。

やはりここでも今を優先して可能な限り妥協しない住まいに暮らし、高い家賃の支払いに甘んじるのか、それとも妥協して家賃を抑え、将来に備えるかのせめぎ合いに悩むことになるのです。

とはいえ、時代も暮らしも変化するものです。賃貸住宅に暮らし、住まいを臨機応変に変えることができるメリットは小さくないかもしれません。

家計管理はまず現状を把握することから。

今の「我慢」をコントロールする。

いくら将来のためとはいえ、今の暮らしをなおざりにして、どうにかなりそうなほど我慢してはいけないと思うんです。本当に取り返しがつかないことになってしまったら何にもなりませんから。

だからといって、将来を無視して今が楽しくなるわけでもありません。

ちょっとやる気になるぐらいの節制をして、将来に備えることができたらいいですよね。将来をまったく見ないようにするのは、それはそれでストレスになりそうだからです。先のことをまったく思わない人は、そういませんからね。

ところで、ちょっとやる気になるちょうどいい我慢? それで解決するなら苦労しないですよね。我慢せざるを得ない状況のなか、我慢をどうコントロールすればいいのか、と言ったほうが現実的かもしれません。

どんな厳しい状況でも、やっぱり我慢できることと無理しないことを判別し、耐えうる我慢としてコントロールしないといけないってことです。時には心ならずも気が進まない助けを求めなければならないことだってあるかもしれません。

だけど今の状態がいつまでも続くことはないと思うんです。どんな状況もいずれは変化します。都合のいい変化とは限らないけれど、変わればまた辛抱の仕方も変わります。

とにかく今を無事にしのぐという意味で、我慢をじょうずにコントロールして今の暮らしを守ることは大事ではないかと思うんです。時間稼ぎも大切です。何とかしのいでいれば、かならずチャンスが来ます!

とか何とか言いながら、我慢のしどころ、その選択と決断に日々悩みます……。

読まなくちゃ?!

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク