8時間睡眠でできなくなったこと。

ご覧いただき、ありがとうございます!

cat-1056661

睡眠を優先して8時間寝ることにしました。

はじめは何をするのもせわしなくて、続けられるか心配になりました。

1日の締め切りが9時就寝になったからです。

スポンサーリンク

8時間寝てもできないことは何もなかった。

そんな気はしてたんです。

だらだらする時間が減っただけで、ほとんど変わらない。

思った通りでした。

でも、ゆっくりする時間が減ることに不安があったんです。

そりゃてきぱき段取り良くすれば、何でも短時間でできるでしょう。

そうやってきちきちと学校の時間割みたいに過ごすのは、はかどって気持ちいい反面、なんかしんどそうじゃないですか。

第一そんな習慣、続けられたためしがない。

その日の気分や思いつきで違うことをしてみたりもしたい。

ずっとそう思ってきたのでした。

だけど実際は、自由を有意義に過ごすことはめったになく、そのほとんどは何をするでもなくダラダラと過ごしているのが実態なのです。

そうして思っていた以上にはかどらず、睡眠時間まで削るはめになることも少なくなかったりするわけです。

おかげで日中だるく、うとうとしたりして、ますますすっきりしないしはかどらない。そんなことの繰り返しにはまってしまうのです。

制限時間は適当にあったほうがいい。

あんまり細かな時間割はわたしには向いていないけれど、あんまり制限がないのもよくないようです。

ほんとは計画を立てるのは嫌いじゃなかったのだけれど、その通りにできずに挫折するのがおちで、自由に逃げてしまったのでした。

寝る時間を決めたのは、もう何十年ぶりでしょうか。

その時間までにすませようと思うと、何ができて何ができそうにないかを自然に考えるようになります。

途中になりそうなこととか、やめられなくなって長引きそうなことは、はじめから手を出しません。時間がかかりそうなことは別の日にしよう、などと自然と計画的になったりして我ながらびっくり。

何となくその場の気分で手をつけたのはいいけれど、収拾がつかなくなって、後の仕事に差し支える、なんてことがしょっちゅうでしたから。

時間が自由に使えるのは、気持ち的にはラクでいいように思うんですが、案外うまく使いこなすのは難しいものなんですね。

あまりにも考えなしのわたしには、けじめになる制限時間が一つぐらいはあったほうがいいみたいです。

できないのは時間がないとか、仕事が多過ぎるからとか思いがちですが、もしかしたらわたしのように、ちゃんと寝る時間を決めていないせいかもしれません。

とくにお疲れ気味の方、睡眠時間最優先と決めてみてはいかがでしょう。

わたしのお気に入り枕

手づくり枕と同じ感触。

寝返りしやすい。ブレスエアーのしっかり土台でへたらず、ソフトパイプでからだに寄り添います。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク