界面活性剤ゼロでも洗濯できる。

ご覧いただき、ありがとうございます!

clothespins

界面活性剤がなくても汚れを落とすことができるんでしょうか?

むずかしいことはわかりませんが、界面活性剤=洗剤みたいに思い込んでいたわたし。最近ちょこちょこ見かける界面活性剤不使用をうたっている洗剤が気になっています。

スポンサーリンク

そもそも界面活性剤が洗剤に使用されている理由とは?

界面活性剤というのは、本来交わらないはずの油分と水分の境界をゆるくするはたらきがあるので、油分と水分が混ざり合うようになり、その結果、汚れが浮き上がるようになるみたい。

界面活性剤は、油分と水分に限らず、性質の異なるものの境界の状態を変えるはたらきをするもののことなんですね。だから、とくに汚れを取り除くものというわけではないんです。

さらに、界面活性剤は、はがれた汚れと洗ったものの表面にもそれぞれくっつくので、再び汚れが付着しないようになるんですね。

うまくできています。やはり、洗剤として、とても優秀で便利なもののようです。

重曹などアルカリの洗う力とは。

最近よく見かける界面活性剤ゼロの洗剤は、重曹を代表とするアルカリ剤と言われているものです。

アルカリ剤の洗うしくみ。

アルカリ剤は、油分に直接反応し、自ら石けんのようになって汚れを落とします。

また、アルカリは、たんぱく質を作っているアミノ酸の鎖をバラバラにするはたらきを持っているので、垢や血液、食べこぼしなどのたんぱく質系の汚れを落としやすくし、きれいにしてくれるのです。

一般の生活の汚れ物というと、アルカリ剤が得意とする油脂やたんぱく質汚れがほとんどですよね。そう考えると、アルカリ剤で洗濯するというのも一つの方法です。

アルカリ剤が環境にやさしいわけ。

重曹などのアルカリ剤が環境にやさしいと言われているのは、有機物ではなく無機物だからです。無機物ということは、それ以上生分解する必要がありません。したがって、環境に与える影響が小さいというわけです。

でも、環境に厳しい人たちの間では、アルカリ剤ですら、使い過ぎて垂れ流すことに強い危機感を持っています。

どんな洗剤も、節度を守り、性質を理解し、効果的に利用したいものですね。

バジャン スキンケア用洗濯洗浄剤

2014-05-04 12.27.50

今、使っている洗剤です。界面活性剤ゼロ! というのに惹かれました。

2014-05-04 12.29.15

アルカリ剤だけの洗剤は、汚れ落ちがイマイチだと言われていますが、その中でバジャンは、汚れ落ちがいいと評判の洗剤です。成分を見ても、いいのか悪いのか、はっきり言ってわかりません。

汚れ落ちはともかく、一般の洗剤と柔軟剤を使っていた頃は、洗濯物の嫌なにおいが気になって仕方なかったのですが、バジャンにはそれがなくて快適です。

柔軟剤なしでも、洗い物がゴワゴワにかたくなるようなことがないのもいいです。

はっきり言って、値段が高過ぎです。使い続けるのにちょっと考えてしまうところなんですが、一回の量が少ないので、思っていた以上に減らず、長持ちしています。洗いやすすぎも短時間で済むメリットもあります。いやいや、それにしても、ちょっと値段高過ぎではないでしょうか。

セスキ炭酸ソーダのパワー

2014-05-04 14.01.04

あさイチのスーパー主婦コーナーではじめて知ったセスキ炭酸ソーダですが、アルカリウォッシュのことなんですね。布ナプキン愛用者にはおなじみです。

血液汚れにはこれ。無理かもしれない、と思うようなシミでも、つけおきすれば、たいていびっくりするぐらいきれいになります。気持ちいいです。漂白剤なんかいりません。

調味料などのシミも血液と同じたんぱく汚れなので、このセスキ炭酸ソーダがあればだいじょうぶ。

neobaby善玉菌酵素洗たく洗剤

ネオベビーは、新発売の弱アルカリ洗剤です。バジャンと同じようなものですね。バジャンがなくなったら、使ってみたいと思っています。

2014-05-04_1450

ネオベビーにはラベンダーなどハーブの香料が入っており、おしゃれな感じ。値段は、バジャンより若干安い程度です。

合成洗剤に対抗するのは、これまで石けんしかなかったのですが、今後こうした界面活性剤ゼロのアルカリ系洗剤が伸びてくるような予感がします。

肌のためにも、界面活性剤ゼロがいいですよね。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク