保険より貯金

ご覧いただき、ありがとうございます!

insurance-451282

生命保険や医療保険は加入するものだと思ってませんか?

日本人のほとんどは民間の保険なんて必要ないって知ってました? 経済評論家の山崎元氏は『保険は損な賭け』『負の宝くじ』と述べてます。

知らなかったお金のことが盛りだくさん

まあ、どう判断するかは人それぞれなので、一概には言えないのですが、この年になってもまだまだ「しまった、知らなかった!」って話がたくさんあるもんだと思った次第。

保険の窓口もファイナンシャルプランナーも信用して丸投げしてはいけません。自分で判断できる程度のことは知る努力しないといけないですね。

スポンサーリンク

医療は「高額療養費制度」で十分かも

高額療養費というのは、公的な健康保険の補償です。保険証を持っている人なら誰でも受けられます。医療費の自己負担が一定額を超える分は支払わなくてもいいという制度です。補償額は年齢や所得によって変わります。一般の人で一ヶ月の医療費の上限はおよそ9万円です。100万円の医療を受けても支払うのは9万円ってことです。

ただし、入院時の食費や差額ベッド代は含まれません。こうした支出に備えて高額な保険料を月々支払う、というのもまあ一つの選択ではあります。貯金でまかなったほうが得なんですけどね。

さらに「傷病手当金」がもらえる人も

傷病手当金というのは、国民健康保険以外の健康保険にある補償制度です。病気やケガで一定の条件を満たした欠勤が続き、減給や無給になったときに支給されます。支給額は収入によって算出される標準報酬日額の3分の2で、最長1年半支給されます。

お給料から強制的に天引きされている社会保険料は失業手当だけじゃないんですよ。決して安くない保険料を納めているのですから、困ったときには忘れないで頼りにしたい。

死亡保障は遺族年金を基本に算出してみよう

死亡保障の中心は公的な遺族年金が担います。国民年金や厚生年金は老後の生活のためだけにあるのではありません。遺族の生活を支えるためのものでもあるんですね。18歳未満の子どもがいる場合や年齢によっては加算されることもあります。

こうした額は、あらかじめ「ねんきん定期便」などで計算できます。おおよその金額をつかんだ上で、不足分をどう準備するかを考えるといいんですね。基本的に扶養家族がいない人には死亡保障は必要ありません。

必要なお金が見えてくる

遺族年金や傷病手当金の算出方法がわかります。

不足分は貯金で備えたほうが断然有利

家計全体で考えるとよくわかります。高い確率で金銭的に損することがわかっている生命保険に加入するぐらいなら、その分貯金したほうがずっと賢い選択なのは明らかなんですね。

とはいっても「その分貯金できないから保険に加入しているのよね」という方もいることでしょう。

そこで20年から30年もの長期に渡って支払う保険料の総額を考えてみましょう。 それから20年、30年後、無事に満期を迎えたときに受け取る額、ご存知?

もしその支払った保険料と同じだけ積み立て貯金していたら、総額いくらになったと思います? 支払い総額より減ってることはまずないですよね。それどころか長期に渡る利回りはバカにならないほど大きいはず。

「貯金するお金がない!」とお悩みの方は、その保険料、今すぐ強制引き落としの貯金に回しましょう。

万が一の不幸に支払われる保険金に惑わされてはいけません。

保険は一か八かの賭けをしてお金を増やすために加入するのではありません。あくまでも困ったときの最低限の備えとして用意するものです。ほとんどの場合、高額な保険料をただ払い続けるだけで終わってしまう保険と、こつこつと確実に安全に資産を積み増していくのとではどちらが安心できるでしょう。

すでにかなりの保険料を納めてしまっている保険については、即払い済みにして満期まで持つ、という選択ができる場合もあります。損失が大きくなり過ぎないうちに見直したいですね。

子どもが小さくて収入も貯金も少ない若い家族の場合、期間を限定して掛け捨ての安い生命保険に加入するのはいいかもしれません。状況や事情に合わせて各自でよくよく考えないといけないですね。

めんどうだからってよく知ろうとしないでわからないまま誰かに言われたとおりのことをして失敗するのって後味悪いです。どうせなら自分で納得して判断して失敗するほうがずっとすがすがしい。でも、なるだけ損しない安全な家計管理をしたいですよね。

安全な資産管理を学ぶ

評価が高い投資信託の本。勉強させていただいてます。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク