勉強すればお金持ちになれる?

ご覧いただき、ありがとうございます!

cigarettes-621346

お金の話、好きですか? わたしはお金のことを考えると、正直気が重くなることばかりで嫌なんですよね。

日本では、お金の話をおおっぴらにするのは下品で、お金持ちになりたがることも軽蔑されたりする傾向があります。そのせいか、お金のことをよく知らないで過ごしてしまってることありませんか。

スポンサーリンク

お金に執着しない美徳文化がアダに。

ふつうの日本人は「お金持ちになる方法」なんてまず考えないんですよね。

「成功したい」とか「有名になりたい」といったことを言う人はいます。でも、「お金持ちになりたい!」と真顔で露骨に言う人は少ないのではないでしょうか。せいぜい「お金がほしい!」ぐらいではないかと。

まして真剣に金持ちになる方法を考えている人はさらに少ないと思われます。なぜなら、おそらく日本ではアメリカンドリームみたいな一発逆転をねらわなくても、そこそこ安定した生活が送れる人が少なくないからです。

それがたとえ満足する収入でなかったとしても、苦労してまで「お金持ちになる方法」を一生懸命考えようとしません。

というのもこの日本では「お金持ちになりたい」と言ってお金持ちになる方法を熱心に探求する人は、あまり尊敬されないからです。それどころか、功名心がすごいとか、ガツガツしてるといった陰口をたたかれるかもしれません。なんだか胡散臭い感じすらします。お金のことを露骨に口にする人は下品ではしたないといった感覚も根強くありますよね。お金持ちというと、ねたみの対象にはなっても、あまりあこがれの対象にはなりにくいのが日本です。

こうした文化や習慣もあるせいでしょうか、今とりあえず暮らせているなら多くを望まない、望んではいけないみたいな風潮がある。それが一種のあきらめのようになってる気がします。

考えてみれば、最低限の暮らしが安定してできているふつうの日本人は、一文無しから金持ちになろうと努力する人たちよりずっと金持ちを目ざすには有利な立場にある。そう思ったら、はじめからあきらめてしまうのは、ちょっともったいない感じがしないでもありません。

ゼロから富を作る技術

とりあえず金持ちになるには何をすればいいの? ってことが書いてます。全然簡単じゃないですよ。だけど、はじめからあきらめなくてもいいんじゃない? と思わせてくれます。

お金持ちになる方法を知らない日本人

お金に執着しない日本の文化習慣を悪いとは思いません。素晴らしいです。でもね、だからと言って、お金に対して無知なのは問題だなあ、と自戒を込めて思うわけです。

ほんとは、お金のことはよく知っているけれど執着しないよってのがカッコイイんじゃないでしょうか。

何かしたくてお金を稼ぎたいと思ったとき、その方法がわからないために無理と思ってあきらめてしまう。それって残念ですよね。

お金持ちをめざす、めざさない、できる、できないに関わらず、金持ちになる方法は知っておいても損はしません。

タイトルにあるように、ふつうの日本人は勉強すればお金持ちになれる可能性が高まるんです。ここでいうお金持ちというのは、いい大学を出て、いい企業にお勤めをして、高給取りになるということではありません。

いわゆる資産家のことです。労働収入ではなく、持っているお金にはたらいてもらって生活ができる人たちのことを言います。

そんなお金持ちにふつうの人がなれるかもしれない勉強とは、いったいどんな勉強なんでしょうか?

もったいつけたいわけではありませんが、長くなってしまいましたので次回にします。

ゼロからお金持ちになった人の本!

おもしろい。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク