夏の輻射熱(ふくしゃねつ)対策。光熱費節約にもなります。

ご覧いただき、ありがとうございます!

syakou-net1520

壁や道路が太陽熱で熱せられ、日が暮れても温度が下がらない。それが輻射熱です。

冬は輻射熱を積極的に利用して暖房効率を上げるところなんですが、夏はなるだけ輻射熱の影響を少なくする対策が大事なんです。

冷房をつけているにも関わらず、壁の輻射熱で熱中症になる人も続出してます。

夏の輻射熱対策もあなどってはいけません。できることから始めましょう。

スポンサーリンク

熱を溜め込まない。

留守中や冷房中は室内を締め切りがちですよね。

できれば風の流れを作って熱をなるだけ溜め込まない工夫をしましょう。

冷たい空気は下に、暑い空気は上に行く性質を利用し、流れを作ります。

理想は熱い空気が溜まる場所に熱を逃がしてくれる小窓があること。

防犯上や住環境によってできることは限られますが、少しでも風を通して熱を逃す時間を作るだけでも違ってきそうです。

天井や壁は終日太陽に熱せられていることを忘れないようにしたい。

効果的な打ち水の仕方

町中では、正直なかなか効果的な打ち水はしにくい昨今ですが、もし環境が整うなら、打ち水は輻射熱対策に非常に有効な方法なので、ぜひ実践したい。

ポイントは、

  1. 熱源つまり太陽が沈み出してから行う。
  2. たっぷりの水をまく。

太陽がギラギラしている日中に行っても逆効果です。また、水の量が少ないと効果が得られません。

集合住宅のベランダでも、条件が合えば、打ち水の効果が得られるそうですよ。

壁や窓を遮光する。

これが一番現実的で効果的な方法ではないかと思います。

緑のカーテンやすだれやよしずなどを使って、太陽光が壁や窓を熱するのを防ぐ方法です。

これはめんどうですが、やるだけの効果が期待できます。

ポイントは、すだれやよしずなどの遮光アイテムは、壁や窓から離して設置し、風が通る隙間を作ることです。

見栄えは悪いですが、農業用の遮光ネットは遮光効果が非常に高くおすすめ。軽くて扱いやすいところも利点です。

ガーデン用遮光ネット

こちらは家庭用の遮光ネットです。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク