ランキング上位、お手ごろ冷水ポット比較

ご覧いただき、ありがとうございます!

slimjug0

冷蔵庫で飲み物を冷やしておきたい季節です。

うちの場合、

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • 甘酒

と4種類常備します。

甘酒は、濃縮タイプなので、塩麹のように注ぎ口のないタッパや瓶に入れて保管しています。

問題は、消費が激しくなるコーヒー・紅茶・緑茶の3種類。炭酸水の入っていたペットボトルに詰め替え、汚れたら取り替えるようにしてきたのですが、先日、ランキング上位だったタケヤのスリムジャグを試しに買ってみました。

 

スポンサーリンク

タケヤのスリムジャグが人気。

タケヤのスリムジャグは、デザインのよさとお手ごろ価格で人気上位の容器です。

こういうのは、部品が少なくて洗い安いといった使い勝手も大切です。

タケヤと言えば、フレッシュロックがおなじみですよね。このスリムジャグも軽くていいです。

こう見えて、底はかど丸の四角形。頭でっかちのスタイルですが、安定感があります。冷蔵庫のドアポケットに合わせたデザインなんだと思います。

slimjug1

ただ、横置きすると漏れるという意見が大勢を占めています。これは何もこのスリムジャグに限ったことではありません。数千円するような高価な容器にも同じような苦情がかならずあります。

漏れの苦情が比較的少ないものは、フタが固いといった苦情があったりします。

横置きOKの容器でも、横置きする場合は、フタをしっかり閉め、丁寧に扱う慎重さが求められます。お子様や扱いが雑な人は、横置きしない方が無難です。

小容量タイプもあるといいのに。

冷水ポットは、1.1リットルが主流です。大量に作り置きしたい人には2リットルの大容量タイプも人気があります。

でも、こういう容器って、中身が減ってきたときにジャマなんですよね。

作るときはたっぷりが便利なんですが、冷蔵庫に保管するときは、小分けできるといいんですよね。

わたしは、小さいペットボトルに移し変えたりしています。でも、ペットボトルって、中をきれいに洗えないのがけっこうストレスなんです。

500mlぐらいの小さいポットがあると便利だと思うのですが、需要がないのか、ほとんど見かけません。

クワドロのピッチャーは、おしゃれですが、ガラス製で扱いにくく、とにかく重い。でも、これぐらい小さいのだと、いいかもしれませんね。

ハリオフィルターインボトルがおしゃれ。

はじめて見たときは、ドレッシングの容器みたいで、そんなにおしゃれに見えなかったのですが。

食卓でワインを注ぐようにお茶を注ぐというのがコンセプトなんだとか。

お茶パックを使っている身としては、茶漉しがついているのはうらやましい。茶漉しが丸見えじゃないのもいい感じ。

でも、茶漉しって、結局洗うのが面倒で、お茶パックに戻ってしまうんですよね。

来客の目に触れても、食卓に置いても、絵になるお茶ポットって、確かになかなかないですよね。冷水ポットと言えば、どうしても冷蔵庫の収納や持ちやすさ、洗いやすさといった機能面ばかりが優先されがちなんですね。

その点、ハリオのフィルターインボトル、小ぶりでしゃれていて素敵です。でも、フィルターはなくてもいいかな。強化プラだともっとよかったかも。値段もお手軽とは言えません。なんて、結局デザインだけ良くても選ばないんですよね。

専門店澤井珈琲には、水出しコーヒーポット付きの魅力的な珈琲セットがあります。これ、なかなかいいですよ。