ナンバーお知らせ136サービス、ご存知ですか?

ご覧いただき、ありがとうございます!

phone-499991

うちはオプションなしのひかり電話です。

これだと月額500円。

ナンバーディスプレイなどのオプションサービスと480円の通話がセットになったエースにすると、一気に月額1,500円に跳ね上がります。

家庭電話なんてほとんど使用しないのに、1,500円はバカらしい。

というわけでうちの電話、とり損なうと誰からの電話かわからないんです。

スポンサーリンク

常時留守番電話を設置

馬鹿正直に電話に出るとろくなことがない。

たいていは勧誘なんですよ。

インターネットの乗り換えとか、健康食品、太陽光発電などなど。

いまだにこういう営業なんですね。嘘電話詐欺も減らないはずです。

考えてみたら大事な人からの電話はたいていケータイなんですよね。

だからうちの電話はふだんからずっと留守番電話を設定しておくんです。

ところが留守番電話設定がたまたま解除されているときに電話を取り損ねてしまうことがある。

そうすると、ろくな電話じゃないと思いつつも気になるんですよね。

最後にかかってきた電話番号の調べ方

さっきの電話はどこからかかってきた電話かを調べる方法があるんです。

それがナンバーお知らせサービスというものなんですね。

136にダイヤルすると教えてもらえるんですよ。

ただし、電話番号を通知しない相手だったり、公衆電話や国際電話など、一部電話番号がわからない場合もあるようです。

電話番号がわからない場合は、その旨のメッセージが流れ、そこまでの通話は無料です。

「最後にかかってきた相手の方の電話番号をお知らせする場合、数字の1を押してください。」

というメッセージが流れ、1を押すと32.4円の料金がかかります。

すると、最後にかかってきた電話の日時と相手の電話番号のアナウンスが流れます。

素早くメモしないと、2回ぐらいで切れてしまうので注意。

続けて「3」をダイヤルすると、最後にかけてきた相手に折り返し電話することができます。

もちろん通常の電話料金がかかります。

1回32.4円は高いですが、どうしても調べたい時に利用したい。

留守番電話にしておけば必要ないですけどね。

でも、まあ、こういうサービスもあるってことで。