フレッツ光コラボレーションの電話勧誘にご注意!

ご覧いただき、ありがとうございます!

tree-200795

NTTフレッツ光の利用者に対するフレッツ光コラボレーション転用の電話勧誘がすごいみたいです。

現状とくに不都合がなければ、転用するメリットはなさそう。

スポンサーリンク

フレッツ光コラボレーションはNTTとは無関係の事業です!

フレッツ光コラボレーションとは、NTTのフレッツ光回線をレンタルしている事業者が独自でフレッツ光の回線を提供するサービスのことです。

つまり、これまでNTTと直接契約してフレッツ光を提供してもらっていた利用者に対して、「うちのフレッツ光のほうがお得ですよ」と言ってきてるわけです。

NTTフレッツ光と違うところは、プロバイダーとの契約が不要になって一括管理できるところです。

あたかもNTT関係者のように営業する事業者もいるようです。NTTフレッツ光からフレッツ光コラボレーションに転用しないといけないみたいに勧誘するとか。NTTフレッツ光は今後もなくなりませんし、必ず転用しないといけないこともありません。そんなふうに言ってくる事業者には気をつけてくださいね。

料金は契約期間の支払総額で考えよう。

月額の利用料が安くなるという勧誘にだまされてはいけません。

長い拘束をともなう契約期間中、安いのははじめだけだったりします。途中から突然料金が上がることになっても解約できない! とあわてることがないようによく確認しましょう。

わたしはすっかりこの手にダマされたことがあります。

高額のキャッシュバックがある場合も、契約期間が長かったり、途中から通常料金に戻るものがほとんどで、総額でほんとにお得なケースなんてないんですよね。

次から転用するたび工事費がかかって乗り換え貧乏に。

はじめだけでも安ければいい。次々に乗り換えていけばいいとお考えの方も要注意です。

今回のNTTフレッツ光からフレッツ光コラボレーションへの転用は工事代無料です。

でも、次にほかの業者に転用したいとき、あるいはNTTフレッツ光に戻りたいとき、いちいち工事代がかかるようになります。

事務手数料も乗り換えのつど必要になります。これが馬鹿にならない。

これではいくら割引料金の期間があっても、結局赤字ということになりかねません。

いろいろ手間がかかるわりには大して得しないのが乗り換えだと思っておいたほうがよさそうです。