35年住宅ローンでマンション購入は正気じゃなかった

ご覧いただき、ありがとうございます!

home-1353389

35年の住宅ローンを組んで住むところを買うのがあたりまえだった時代もあったんですよね。

人気の物件は抽選に当たらないと購入することもできなかった。

あれは何だったんだろうって思う。

スポンサーリンク

家を買ったほうがいい時代なんてない!

マンションは古くなっても値下がりしない時代もあったんですね。でもそんなことは長続きしない。そういうあたりまえのことがわからなかった。

古くなれば値下がりするのは当然。古美術でもない限り、ふつうは新品こそ一番価値がある。

やっとローンを支払い終えて、終の棲家にと思っていたら、年々値上がりして家賃並みになった修繕積立金やら管理費を死ぬまで払い続けなければならない事態に面食らい、いくらかまとまった額で売れるうちに処分せねばと売りに出したら値下げを余儀なくされ、定年退職後になおローンが残る現実に愕然とする始末。

持ち家は住んで活用するもの。売ってお金にする資産と混同してはいけない。

熱病に浮かされたみたいにローンを組んで、争うようにしてマイホームを購入したくなったアレはいったい何だったのか。

かっこいい流行の洋服を着ればおしゃれになれると思い込んでしまうのと同じような感覚で、マイホーム購入こそこの上ない素敵な選択と信じて疑わなかったあの頃。

ほんとにはやり病にかかってたみたい。

買うなら即金。持たない選択もアリ。

だけどあっけなく時代は変わる。

ほんと、成功から学ぶことはないけど、失敗から学ぶことは多い。

住処を買うなら即金が原則。長期ローンは支払ってる間に時代は変わるし物件は古くなってろくなことがない。

地震など災害を考えると、持たずに借りるのも賢い選択だと思う。

今後は高齢者だから借りにくい、なんてこともなくなってくるはず。当分日本は高齢者だらけだから。

いろんなことがあったおかげで、わたしはすっかり住処にこだわりを持たなくなった。

無理しない程度に不快でなければいい。狭くても暮らせるように持ち物は少ないほうがいい。

持ち物は少ないほど気楽。

それでたぶん幸せに暮らせるはず。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク