ケータイ料金、月々1,000円以下にする方法。

ご覧いただき、ありがとうございます!

cat

わたしはスマホではなくガラケーです。ガラケーですら、ろくに使っていません。数少ない友だちから「LINEしたいから、そろそろスマホに変えてくれない?」と言われてから一年が過ぎてしまいました。

家族とたまに連絡し合うぐらい。わたしのケータイは、ほぼ目覚まし時計状態です。家族二人もわたしと似たりよったりです。それぞれ自分用のパソコンを持っているので、ネットはパソコンで事足りるんですね。

そんなケータイの契約は、最低限使えればいいものにしても、月々ひとり1,200円前後。できればもっと安くしたい!

というわけで、重い腰を上げ、乗り換えに挑戦します。

スポンサーリンク

機種代金の割引か、利用料の割引か、わかりにくいので注意!

先日、スマホを短期で解約して乗り換え、キャッシュバックで儲けている人が続出しているというのを知りました。

キャッシュバックの金額が高騰しているので、解約手数料を支払っても損しないどころか、けっこうな利益が出るのだそうです。

ガラケーでは、そんな高額なキャッシュバックはありません。でも、ポータビリティで乗り換えると、月々の利用料が0円になるとかいった話をよく聞きます。これって、月々の利用料を割引して0円にしますよ、ということ。具体的には、基本料や通話料、通信料なんかのことですね。

でも、ほとんどの場合、特定の新しいケータイを購入することが条件になっているんですね。

つまり、割り引かれた利用料の代わりにケータイ本体の代金を月々支払っていかなければならないというわけです。

なんか、だまされた感じしませんか? ケータイの利用料が0円になって、家計が節約できるのかと思ったら、何のことはない、名目が変わっただけなんですね。それどころか、利用料よりも高いケータイ代金を支払うなんてことになるかもしれませんよ。

ケータイの契約をするとき、そのケータイ本体の価格って、あんまり気にしてないことないですか? ケータイは、タダになることは、まずありません。

利用料を支払っているのか、ケータイ代金を支払っているのか、きちんと把握し、ケータイにお金をかけたくない場合は、本体価格にも厳しい目を持ちましょう。

ケータイ代金が安く、かつ、利用料割引がついているものを探そう。

キャンペーンやセールで、携帯本体の価格が一括0円というものも、あるにはあるようです。

そういうのは、日ごろからねらって探し回り、うまく手に入れられたらラッキーという感じのようです。

携帯の価格が一括0円でなくても、キャンペーンやセールなどで値引きされた低価格のケータイを購入するのが節約のコツです。月々の維持費をびっくりするぐらい安くできることも。

MNPによる本体価格の値引き+利用料割引を利用する。

GRATINA代金を月々450円にする。

現時点でガラケー本体の価格が一番安いのは、auのGRATINAです。一括0円というのも出ることがあるようです。

ふつうに購入すると、32,400円。

MNPで乗り換えた場合、なんと10,800円になります。これは、2年間継続を約束する、誰でも割に加入することが条件です。

機種代金10,800円を24ヶ月払いにすると、月々450円になります。

利用料0円にする契約

  • プランZシンプル(基本料):1,008円
  • EZWIN(メール):324円
  • ユニバーサル利用料:3円
  • 毎月割:-1,350円(24ヶ月)

プランZシンプルは、1,000円程度の無料通信がついているコースです。まったく無料通信がついていないプランEシンプル802円というのもあります。いずれも、あまりケータイを使わない方向きのコースです。

毎月割というのは、特定のプランを選択すれば受けられる利用料の割引です。機種によって割引額が違います。

月々ケータイ代金450円のみ。

月々0円にはなりませんが、月々の支払いは、ケータイ割賦金450円だけということになります。

これが本体一括0円だと、本当に月々0円が実現します。

ただし、これは、24ヶ月間だけなので、注意。

MNP転出・転入にかかる手数料。

ここで、忘れてはいけないのがポータビリティするときにかかる手数料です。

  1. 転出手数料、2,160円。
  2. 転入手数料、3,240円。

 

なんと合計5,400円もかかるんですね。高い!

こうした手数料は、一括で支払わなければならないので、家族3人同時に乗り換えると、一時的にかなりの出費になります……。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク