水漬けパスタに思うこと。

ご覧いただき、ありがとうございます!

mizutukepasta1

乾麺のパスタを1時間以上水につけておいたら、茹で時間がたったの2分ですむらしい。しかも、生パスタのようにモチモチでおいしいとか。

mizutukepasta2

こんな方法があるなんて、まったく知りませんでした。

ほかにも、乾麺といえば、おっきな鍋にたっぷりの水が常識だったけれど、最近は違うんですってね。

調理器具の進化で、調理方法も違ってきてるみたい。

 

スポンサーリンク

時短偏重調理に注意!

とにかく、現代人は忙しい。調理に時間をかけてなどいられないって思ってる。そんな要望にこたえてくれる時短調理器具がちまたにあふれています。

  • かんたん
  • あっという間
  • お手軽

といったことばに魅了され、誰でも一つは持っているかもしれませんね。

家電やお鍋などの高額商品から100円ショップのアイデア商品まで種類も豊富です。

でも、実際に使えるものって、案外ないんですよね。

わたしも時短がかなうと素敵って思うことばかり。でもね、時短こそ調理における最重要テーマであり、最大のメリットである! というのも何か違う気がするんですよね。もちろん、バカみたいに手間ひまかける気なんてありませんよ。でも、時短時短、時短できるからすばらしい! 何だかそんなふうに無理やり思いこまされてる感じがするんですよね。

圧力鍋は時短だからいいんじゃない!

現代は、時短志向と並行して健康志向ブームでもあります。毎日の食事に気を使う人も多いはず。

で、あるときふと思ったわけです。

圧力鍋の高温・高圧調理って、食品が持つ栄養を破壊してるんじゃないの?

このところの発酵食品や酵素ブームで、生食の必要性とか、不足しがちな栄養による健康被害とかを知るにつけ、ますます食生活に自信がなくなってしまったりしますよね。

おいしいだけじゃダメなの?

健康にいいと思って食べている玄米ごはん、高温高圧の圧力鍋で炊くと、よくない、と言う人もいます。

圧力鍋だと、やわらかくもっちりした玄米ごはんが炊けて、おいしいのだけれど、あえて土鍋で炊くことをすすめる、などと言う人も。

さらには、

  • 玄米は、12時間~24時間は浸水したほうがいい。
  • 当然、国産無農薬。

などなど、こだわりだせばきりがない。

何にどの程度までこだわるか、それは自由なので何とも言えませんが、わたしは、これまでどおり、圧力鍋でおいしい寝かせ玄米ごはんを食べようと思ってます。

でも、確かに、高温高圧調理で、確実に失うものがある、という事実は、知っておいて損はないんですよね。調理の目的は、時短ではないですし、圧力鍋のメリットも時短なんかじゃなくて、食材を骨ごと食べられるようにしてくれるといったところにあるのではないでしょうか。時短を目指すことは悪くないんですよ。でも、調理の一番の目的じゃないってことです。

蒸す・焼く・揚げる・炒めるといった多種多様な調理方法を使うようにして、高温高圧調理に偏り過ぎないぐらいのことは気をつけてもいいかもしれませんね。

また、とかく高温調理と思われがちな揚げ物や炒め物ですが、達人たちの調理を見てみると、食材にほとんどダメージのない温度で調理されていたりするんですよね……。いや、ほんと、料理って、奥が深いんです。

待つだけの手間、省くなんてもったいない!

  • 水漬けパスタ
  • 水出し珈琲
  • 塩麹

ただ待つだけ。放って置いたらおいしくできる。

そんな時間まで無理して省くことないって思いませんか?

待ってる間、好きなことをすればいいんですもの。

時短時短と暗示をかけられていたら、こういうところが見えなくなっていた気がするんですよね。

毎日の食卓、非現実的な手間と時間をかける必要なんて、まったくないと思ってます。

でも、無理なくかけられる手間ひままで、いたずらに省いてしまっていないでしょうか。今一度見直してみたいですよね。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク