就活が無理なら事業主になる!

ご覧いただき、ありがとうございます!

apple-1284085

就活をあきらめて事業主になった。

確定申告の季節になると、ああ事業主だったと思い出す。

いまだオットの扶養家族です。

スポンサーリンク

扶養家族の事業主

税務署に開業届を出すと事業主になれます。

事業主になると、帳簿をつけて確定申告をするんです。

でも、まだ収入が少ないので扶養家族なんですね。

配偶者控除38万円+青色申告控除65万円=103万円

つまり103万円の収入までは非課税。パート主婦と同じです。

さらに事業主は所得から経費を差し引くことができますので、実際はもう少し収入があってもだいじょうぶ。

ただし、収入が130万円を超えると、厚生年金や健康保険といった社会保険の扶養家族から外れてしまいます。そうなると、国民年金や国民健康保険の保険料を全部自己負担することになるのでたいへん。一気に負担が増えます。

収入が順調に増えるならそれもいいかもしれませんが、個人事業主の収入は不安定。ここは扶養家族でいるのが現実的みたいです。

扶養家族でいられなくなりそう! といった心配をしないといけないところまで収入を伸ばすのがわたしの目標。

収入源を複数持つ。

副業を認める企業が増えてきているそう。

過重労働は嫌ですが、収入源をいくつか持つのはいいことです。

そう思ってわたしも事業主になりました。

就活は無理でしたが、うちでなら自分のペースでできることを見つけやすい。数少ないできることを生かすことが大切。ひたすらこつこつ続けるんです。

インターネットのおかげで、在宅ワークがずいぶんしやすくなってます。

もっともっといろんな働き方ができるようになって、いくつになっても収入の道が作れるようになったらいいのに。

そしたら地道に貯金して、殖やすことにも挑戦したい。

そうすれば長生きするのが苦しみではなく楽しみになるはず。