手荒れの方必見! キッチン用ゴム手袋2点比較

ご覧いただき、ありがとうございます!

gomute (5)

わたしも冬は、ゴム手袋を使うこともありました。でも、めんどうなんですよね。

手湿疹になってから、季節を問わずゴム手袋をしないといけなくなったので、いろいろ試しています。

今回は、オカモトブランドのマリーゴールドフィットネスとニトリル製のダンロップ”ジョーブネ”です。

スポンサーリンク

マリーゴールドフィットネス

オカモトのマリーゴールドフィットネスは、とにかく評判がいい。とくにかわいらしいデザインでもないのに、わりと高価なゴム手袋です。

色は赤の一色だけ、というのも個性的。でも、赤ってけっこうおしゃれかも。マリーゴールド?のシンボルマークが地味にかわいい。

マリーゴールドの寸法

  • 全長:32.5cm
  • 中指の長さ:7cm
  • 手のひらまわり:19cm

ゆったりとしたはめ心地。手首に、やや絞った切り替えがあり、その先はギャザーで広がっているメリハリのあるデザイン。手首がきゅっと締まっているので、手袋の中で手がゴソゴソ動き回ることがありません。窮屈さはないのに、やさしくフィットする感じです。長さもしっかりあって安心です。評判どおりいい感触です。

天然ゴム製のやわらかで、ちょっとざらっとした感触。よく見ると、皮膚のように細かなしわがあり、すべりにくい感じです。

あとは耐久性ですね。

天然ゴム製は、やわらかく、環境にもいいのですが、使っているうちに、いつの間にか穴があき出して使えなくなるんですよね。ストックしていたゴム手袋が未使用のまま、穴があいてしまったこともあります。

天然ゴムは、とくに何かしなくても、自然劣化するスピードが早いのがネックですね。

ダンロップ「ジョーブネ」うす手S

ジョーブネは、ニトリルという合成ゴムでできているのが特徴です。また、今回はうす手タイプを購入しました。ほかに中厚手のものがあります。

ニトリルゴムは、突き刺しややぶれに強く、耐久性にすぐれていると言われています。ビニール手袋のじょうぶさと天然ゴムのやわらかさのちょうど真ん中ぐらいの商品です。

いいとこどりと言えばいい感じですが、中途半端と言えなくもないです。

「ジョーブネ」うす手Sの寸法

  • 全長:30.0cm
  • 中指の長さ:7.3cm
  • 手のひらまわり:18.7cm

ジョーブネはダンロップという一流ブランドメーカーのものなので、とくに価格が安いというわけでもありませんが、うす手タイプだと100円台で購入できます。

ジョーブネは、やはり天然ゴム製ほどしなやかではないので、うす手のほうが使いやすいと思います。さらっとするっと手が入って着脱がしやすいです。サイズが合わないと、フィット感に欠けるので、使いにくいかもしれません。

全体的にスリムな感じ。ジャストサイズでないと、手指が手袋の中でゴソゴソ動いて作業の効率が悪くなりそうです。表面がつるんとしているので、すべりやすそうです。

ただ、確かに強くてじょうぶな感じがするので、気兼ねなく使えるところはいいです。使い続けているうちに、どの程度かたくなっていくのか、今後の経過をみないといけません。いくら切り裂きに強くても、ゴワゴワになって早々に使えなくなるということも考えられますからね。

ニトリルがはたして天然ゴムより耐久性があるかどうかは、少々ギモンアリです。

キッチン用ゴム手袋の選び方。

キッチン用手袋は、消耗品なので、価格も大切です。

しかし、ただでさえ、使うのがめんどうなゴム手袋です。ただ安いだけで選んでしまうと失敗する場合もあります。

ちょっと値段が張っても、かわいいとかおしゃれなお気に入りのデザインがあると、使いたくなるってことはありますよね。そういうところ、案外大切かなと思います。

あとは使いやすさ。

使いやすさのキモはサイズ感です。

わたしのように手が小さい方は、とくにサイズ展開の豊富なものを選んだほうが間違いが少ないです。でも、残念なことに、ゴム手袋のサイズ表示ほど当てにならないものはありません。どこかのMサイズは、別のブランドのSサイズと変わらないなんてこともよくあります。

また、大きさだけでなく、手首のしまり具合や全体の長さの違いで、はめ心地がずいぶん変わります。手首が細くしまっていて、全体が長めのマリーゴールドは、評判どおりかなり安定感のあるはめ心地でした。

あとは、値段と耐久性の折り合いでしょうか。