レーヨン不織布クロス、ダサいのに使ってしまう理由

ご覧いただき、ありがとうございます!

fukin0244

ファーストフードのお店なんかでよく使われているレーヨン不織布のふきんがいちばん使いやすいんですよね。吸水性、汚れオチ共に抜群です。ボロボロになったら雑巾にする。これがまたすばらしいホコリキャッチャーなのです。ヘタなマイクロファイバーより優秀かも。

ただ、残念なことにとにかくおしゃれじゃない。貧乏臭い。みすぼらしい。あの見た目、どうにかならないもんでしょうか?

スポンサーリンク

おしゃれな人は使ったことないかも

あの外見です。きっとおしゃれな人は使ったことがないと思います。そういうわたしは1枚1,000円以上するリトアニアリネンのおしゃれなキッチンクロスを使ったことがありません。こんどぜひ使ってみたいと思っているのですが、うちには優秀なレーヨン不織布のキッチンクロスがまだたくさんあるので当分チャンスがありません。

コットンの蚊帳生地ふきんは使ってみたんですよ。見た目はこっちのほうがずっと素敵ですからね。でも結局レーヨンの不織布に舞い戻ってきてしまいました。

断然こっちの不織布ふきんのほうが使いよいからです。分厚いガーゼはまず乾きが遅い。水分は筋が残って拭き取りきれない。かなり使い込まないとダメなんでしょうね。ところが使い込む前にうす汚れてきて雑巾になっちゃうんです。そうなってもなお水分やホコリは逃げるばかりで拭き取れない。雑巾としても使いにくいったらありません。はじめにかなり水を通してガンガン洗っておいたほうがよかったのでしょうか。

レーヨン蚊帳生地ふきん

こちらはレーヨン100%の蚊帳生地。のりを落とすとやわらかくなります。コットンのものよりは乾きやすく、汚れも落ちやすいとは思いますが、やはりかなり厚みがあります。厚めのふきんがお好きな方に。全部で7種類あります。

kayakiji1057

丈夫で長持ちな かや生地ふきん使うほどにやわらかくなります10%OFF・かや生地ふきん

はじめはゴワゴワだというリトアニアリネンはもっと使いにくいかも。でもかっこいい。汚れオチと耐久性に期待するしかありません。

やっぱりおしゃれ! リトアニアリネン

linen1148

薄くて乾きやすそうなのはいいですね。やわらかく吸水力アップするのにどれぐらいかかるかですね。じょうぶで汚れオチがよければ長持ちしそう。なんといってもオシャレなのがいい。

不織布のレーヨンふきんはおろしてすぐいいはたらきをしてくれるのがいいんですよね。生地の耐久性は確かにコットンや麻ほどありません。薄いですからね。でもこの薄さが使いよい。手軽に取り替えできますし。

汚れオチがいいのでふつうにさっと洗うだけできれいになってお手入れもかんたん。寿命がきて生地がボロボロになるまで気持ちよく使えます。ボロボロになったレーヨン不織布ふきんはクイックルワイパーみたいに汚れをキャッチしてくれるいい雑巾になるんですよ。最後までみっちり無駄なく使えるんですね。

目の詰まったレーヨン不織布クロスはダメ!

同じレーヨン不織布でも目が詰まった生地のものはやわらかさに欠け、拭き取りにくくて使えませんでした。

fukin2902

目が詰まっているものは裏地が白くてよく見たら表の穴をふさいでる!

fukin3115

比べるとこんなに違う! 使いやすいほうのふきんは表裏同じで穴も大きめ。ちゃんと突き抜けてます。ダサイ波型が目印です。

それにしても、もう少しおしゃれな柄にできないものなんでしょうか。キッチンにかける姿がどうもいただけません。仕事がデキルだけに惜しいです。これが改善したらもっと爆発的にヒットすると思うんですけど。

関係者のみなさん、もしご覧になっていたらぜひご検討くださいませ。