建築用シャーペン「フィールド」が書きやすい

ご覧いただき、ありがとうございます!

unifield22

このところ筆記具といえば鉛筆なんですね。あたりがやわらかく手にやさしいからです。ただ、いちいち削るのがめんどうくさい。

鉛筆のように太い芯のシャープペンならいいかもしれない! と思いついた。

そこで見つけたのが2.0mmシャープペンでした。

スポンサーリンク

UNIのFIFLDフィールド

2.0mmのシャーペンは、ほかにステッドラーが有名です。わたしは以前にステッドラーのシャープペンを持っていたんですが、細くて重くて使いにくかったので、すぐ手離してしまったんですね。

それで今回は迷わずユニの建築用シャープペン「フィールド」にしました。鉛筆っぽいデザインも好ましい。現場で木材のマーキングにも使えるほど折れにくくじょうぶ、という点も頼もしい。

シャープペンなので、ノックすれば先のとがった2.0mmの太い芯が繰り出されます。

書きごこちは確かに削ったばかりの鉛筆みたいでいい感じです。

2Bの芯があるともっとよかったです。

先が丸くなってきたり、折れてしまったとき、どんな感じになるかですね。まあ、折れることはめったになさそうですが……。

専用のシャープナーはないみたいなので、先が丸くなっても削る必要はないってことなんだと思います。細かい字を書くには向いてないかもしれません。

わたしは最近手帳も鉛筆書きなんです。無理に小さい字を書かなくなったのでべつに不都合ないんです。どっちみち細かい字は老眼で見にくい。細くてカリカリした書き心地が疲れてイヤになってきたんですね。

一時は消せるフリクションボールを愛用していたのですが、あまり何度も消すと紙が痛んで書けなくなるんですよ。でもわたし、書き直すことが多い。それにインクの減りが早くてコスパが悪い。それで主に使うことはやめたんです。

ユニフィールドの軸は鉛筆と同じ太さの六角形です。握った感じも鉛筆とほぼ同じ。でも先の金属部分が重たい。この重さが書きやすいという人もいますが、わたしはほんとは軽いほうが好き。でも、芯をしっかりつかんでもらうために必要ならしかたないです。

鉛筆は好きなんだけど、削ったり短くなったりしてめんどうだから使えない、とあきらめている人におすすめ。(そんな人いないか……。)

疲れないのがいいですよ。

もっと鉛筆っぽいのがいい方にはユニホルダー

ユニホルダーは、芯だけの鉛筆です。専用のホルダーに芯をセットして使います。専用シャープナーもあります。鉛筆の進化形ですね。ユニホルダーの芯は10種類の中から選べます。

これはもうほとんど鉛筆ですね。削り器もありますし。

わたしも筆記具は大好きなので、ありとあらゆるものを試してきました。で、やっぱり鉛筆に戻ってきた、という感じです。

2mmシャープペンに癒されてます。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク