毎日の味噌汁にだしは必要?

ご覧いただき、ありがとうございます!

niboshi0105

家庭料理に「だし」はいらないという話を知り、わたしも毎日の味噌汁にだしを使わなくなっていました。おもに切り干し大根をだし代わりにしています。

ところが先日、ちこり村のおせちに「うま味だしパック」がおまけで入ってたので、さっそくお味噌汁に使ってみたんですね。化学調味料や保存料が入っていない素材だけの粉末パックです。前の晩からお鍋の水に入れておきました。

すると、オットがすかさず「あれ使ったの? 甘くておいしい。」なんて言うんです。で、わたしも飲んでみると、いつもの味噌汁が格段においしいんですね。なんか濃厚な感じがするんです。やっぱり切り干し大根ひとつまみじゃもの足りないか……。

スポンサーリンク

ちこり村 旨味だし

うちも以前は無添加のだしパックを使っていました。近所のスーパーで手に入るものでしたが、いわゆるうま味調味料の「だしの素」と違い、それなりのお値段するんですね。毎日使うとなると、けっこうなコストになります。

ちこり村の旨味だしは、その中でもとびきりの一級品です。国産の素材が8種類も使われていて、だしをとったあとの粉末もふりかけにして食べられるほどおいしい。高価でも仕方ないって感じです。いえ、品質のわりにはお買得かもしれません。

天然無添加いりこだし

で、見つけたのが素材を「いりこ」に限定した「天然無添加だしパック」です。わたしがスーパーで買っていただしパックより安い。しかも出し殻も食べられる。以前使っていただしパックの中身は、粉末ではなく厚削りしたものだったので、わたしにはリメイクできなかったんですが、これならふりかけにできます。

で、結局「だし」は必要?

切り干し大根やあり合わせの野菜をだしにしてつくった味噌汁は、おいしい日もあればもの足りない日もあったりして、正直味が安定しませんでした。わたしの料理の腕が足りないせいもあります。また、あり合わせのものでおいしく調理するのは意外と手間もかかります。基本的にごくあっさりした味になりますので、お味噌を多めに入れたくなることもありました。でも、これはこれで、夏の暑い日の味噌汁としては良かった気がします。

ひさしぶりに使っただしパックは、上等だったこともあり、本当においしく思いました。

素材やコストにばかり一生懸命になって、「おいしい」と思ったときのしあわせな感じを忘れていたようでした。

野菜中心の食事に凝り出したのがだしパックをやめたきっかけでした。当時はコスト削減もできて一石二鳥だと思ったんですね。でも、だしパックなしでおいしい味噌汁を作るのはむずかしいと行き詰っていたことも確かです。旨味成分豊富なだしの素材が高価で貴重であることをあらためて思い知りました。

身の丈に合った健康的でおいしい食事を模索中です。おいしい味噌汁ができて、さらに小魚をとることもできるんだったら、高価過ぎないだしパックを利用するのもいいかな、と思っているところです。

1食100円「病気にならない」食事

寝かせ玄米生活 [ 荻野芳隆 ]」と並び、現実的で健康的な食事の整え方がとても参考になります。ごはんと味噌汁とかんたんな常備菜(一汁一菜)を基本食とします。健康的な食事にはお金がかかるとあきらめている人にぜひ読んでほしい。

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 家族ブログ 家事へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク