ココナッツミルクの保存方法。

ご覧いただき、ありがとうございます!

2014-04-27 11.32.10

缶入りのココナッツミルクを小分けに冷凍すると、少しずつ使えて便利ですよ。

生クリームの代わりに、カレーやシチュー、パン作りに重宝してます。

フレッシュジュースに加えてもおいしい。

スポンサーリンク

ココナッツミルクは日持ちしないのが欠点。

ココナッツミルクは、料理やお菓子作り、何かと便利でヘルシーな素材なんですが、いったん開封してしまったら、すぐに痛んでしまいます。

カレーやシチューなど、大量に一気に使ってしまう場合はいいのですが、せっかくのココナッツミルクです。ちょこちょこいろんなところで使いたいですよね。

そこで、ココナッツミルクの便利な冷凍保存の方法を紹介します。

ココナッツミルク、ふたつき製氷容器で凍らせると便利。

2014-05-15 16.44.19

ふたがついている製氷容器を探して手に入れたもの。当時は、なかなかなくて困ったものです。本当は、パチッとふたが留まるものが欲しかったのですが、これはパカパカするので、ゴムで留めて使っています。

2014-05-15 08.46.30

製氷器の底は、シリコンになっているので、机の角などちょっとかたいところに押し当てると、氷が浮き上がって、一つずつ取り出すことができます。

凍らせたココナッツミルクは、取り出して袋などに入れておくと、さっと使えて便利です。

そのまま夏のヘルシーなおやつにもなりそうです。

2014-05-15 17.18.15

ココナッツミルクを便利に活用してみませんか。

マクロビや低糖質を心がけている人にとって、ココナッツミルクは、とてもありがたい希少な甘み素材なんです。

生クリームのようなコクを得ることもできます。

何より、ココナッツミルクには、今話題の健康栄養素である中鎖脂肪酸が含まれているんですよね。アンチエイジングにいいんですよ。

食材に懲り過ぎて、コスト高になってしまうのは問題ですが、ちょっといいものを少しずつ大切に使うのは、自然と食べ過ぎを抑えてくれる効果があるんですよ。

家族も、量が少なく貴重なものは、大事に食べてくれます。

もうそろそろ、質より量から量より質へシフトしてもいい時期ではないでしょうか。