ナチュラル洗剤で「ついで掃除」

ご覧いただき、ありがとうございます!

spray-315167

そろそろ梅雨の季節ですね。そのせいか、おうちのいろんなところのカビが気になります。カビは、ダニと同じくアレルギーの元になるだけでなく、湿疹も引き起こします。ともに自然界に生きるものですから、完全にシャットアウトしようとは思いませんが、増え過ぎないように、お互いにバランスよく生活したいもの。

毎日のこと、なるだけ負担なく、キレイを保つために、「ながら掃除」の習慣をつけたいですね。

「ながら掃除」の強い味方になってくれるのがナチュラル洗剤です。お肌が乾燥して敏感になる更年期世代はなおさらのこと、からだと環境にやさしいナチュラル洗剤に切り替えてみませんか?

 

スポンサーリンク

「ついで掃除」にはナチュラル洗剤が便利。

ナチュラル洗剤とは、もともと自然界にある洗浄力を持っている素材から作られた洗剤のことです。

  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
  • クエン酸

が主なものですね。

小ぎれいな暮らしに欠かせない「ついで掃除」には、からだへの負担が少なく、2度拭きやふき取りの手間も軽減でき、気軽に使用できるナチュラル洗剤がオススメ。

ナチュラル洗剤は、汚れの種類と洗剤の相性がわかれば、家中の掃除に対応できます。だから、専用洗剤をいろいろ揃える必要がありません。

ナチュラル洗剤は、汚れ落ちがイマイチだと思っていませんか? それは、まったくの誤解です。正しく使えば、合成洗剤に負けないどころか、よりすぐれた洗浄力を発揮します。

ナチュラル洗剤のとくちょうを知ろう。

重曹は研磨と消臭に。

重曹は、使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

鍋の焦げ落としや茶渋おとしなど、クレンザー代わりに使うのに向いています。

さらに重曹には、消臭や防湿効果があるので、ゴミ箱や靴箱、冷蔵庫、クローゼットなど、家中のニオイとりや湿気とりに活用できます。

おしゃれなビンに入れてインテリアにするのも素敵ですね。

水垢、泥汚れ、油シミには向きません。また、漆器や白木には、傷をつけるおそれがあり、畳やアルミ製品は変色するおそれがあるので使えません。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)はカビ取りに。

過炭酸ナトリウムは、衣類や食器類の漂白、カビの除菌、排水口などのぬめり取りに向きます。

洗濯槽の黒かび除去や洗浄にも最適です。

水垢やがんこな油汚れや泥汚れには向きません。また、ステンレス以外の金属には、化学反応を起こして黒ずみを発生させるおそれがあり、ウールや絹などアルカリに弱い繊維、色落ちしやすい衣類や草木染製品などには使用できません。

セスキ炭酸ソーダはたんぱく汚れに。

セスキ炭酸ソーダは、油汚れ、汗・皮脂・血液などたんぱく質の汚れ、洗たくものの予洗いなどに向いています。布ナプキンの洗濯をしたことがある人は、そのパワーに感激します。血液汚れがつけ置くだけで、すっかりキレイになります。アルカリウォッシュという製品名でもおなじみですね。

水垢、泥汚れには向きません。また、畳・白木・繊維素材のカーペット・土壁・しっくい・アルミには、変色するおそれがあるので使えません。

クエン酸は水垢や石けんカス汚れに。

クエン酸は、水まわりの白い汚れや石けんカスの汚れに威力を発揮します。

ほかにも、酸の除菌パワーを利用し、まな板や冷蔵庫などキッチンの掃除に安心して使えます。また、トイレの尿など酸性の消臭・除菌に。

油汚れやタンパク汚れには向きません。セスキ炭酸ソーダなどアルカリ系の洗剤を使ったあとの中和に用いることも。

酸で溶けてしまう大理石やサビる危険のある金属には使えません。また、塩素系の製品と混ざると、有毒ガスが発生し、非常に危険なので注意しましょう。

ナチュラル洗剤は、「ついで掃除」の場所に配置しよう。

ナチュラル洗剤は、いずれも白い粉末で、一見見分けがつきません。見分けがつくようにラベルを貼っておきましょう。

おしゃれな瓶や容器に詰め替えたら、素敵なインテリアのように見せることもできます。いろいろな容器の合成洗剤をごちゃごちゃ置いたり、収納したりするよりも、ずっとスッキリおしゃれになりますよ。

「ついで掃除」をちょこっと気軽にマメにするために、ナチュラル洗剤は、洗面台やトイレ、キッチンなど、使う場所それぞれに、すぐ使えるように置いておくといいですね。

重曹は、クレンザーのように使うことが多いので、粉をふりかけやすい容器に入れておくと便利です。

セスキ炭酸ソーダやクエン酸は、水でうすめてスプレータイプの容器に入れておくと、気になったらその場でささっとお掃除できますよ。

「ついで掃除」が習慣になると、たまにするしっかりお掃除の負担がずっとラクになります。「ついで掃除」をいかに簡単にラクにこなしていくかが、小ぎれいな暮らしを保つ秘訣です。

ナチュラル洗剤を強力な味方にして、ラクにキレイを維持しませんか?